VERMEILLE(ヴェルメーユ)

Diary

2006年06月30日01時09分 あ~。

ちょっと意欲的に描いてたネームが一身上の都合(?)
により全没したんで、とりあえず別のプロットから切るハメに。

プロットだけで描く時のデメリットって、
段々段々話し言葉が増えてきて、予定のページ数に入らないことなんではないかと。
たとえば1Pアタリのネーム(フキダシ)の数や文字数が多かったのは最近ではデスノートやネギまになります。
コマ数もこの二つが多いですし。
んでそれを最大値として、プロットを切る時の目安にしてるんですが、如何せん最大数に近くなってしまう。
でもそうすると、台詞優先で、絵を描ける面積半減するんですよね。
しかも別に労力が減るわけじゃなくて、むしろ絵を分断される分増えるんですよ。作業。
つーか何の話でしたっけ…。
あ、デメリットの話。
文字で書いてる分ドンドン画面がフキダシになっていくんですよね。
で、最大数的な物ももちろんあるから、このページには入りきらない、次へ持っていこう。
結果、ページ数が合わなくなる。
これ良くない現象。
ホントは○P~△Pまでに××の展開になる。
見たいな箇条書きを先に書いたほうが良いんでしょうけど。
如何せん、
「キャラに脳内で会話させてメモ取ったほうが楽しい」んです。
さらに展開も「脳内で喋るキャラにまかせる」
みたいな。
ページ数を固定させた漫画を描くのにはなんとも不向きですね。
んで今結局、その「脳内会話大会」でメモ取りながらプロット書いてるんですが。
これ16Pに収まるのかなぁ?
な状態。

ま、とりあえず書ききってから悩みますよ。

あと、3P目までに始まってない漫画はツマラナイ。
今の俺じゃん!そういう時は必殺!『シーンを倒置』だ!

「2006年06月30日01時09分 あ~。」へのコメント

名前
コメント
アクション

Appendix

Other

Access: 330193